👪うつ病の家族としての対応

周りの人がうつ病を正しく理解して対応するには?

うつ病に周りの人の協力というのは、不可欠なのですが・・・

だけど、協力と言っても必要以上に張り切ったり、「何かあったら遠慮なく言ってね」というような言葉は、親切心から出た言葉でも、うつ病患者にとっては重いのです。

001.jpg

協力以上に必要なのは、周りの人の理解と言えるでしょう。

うつ病になってしまうと、様々なことが以前とは違ってしまいます。例えば、有能だった人が失敗ばかりしてしまうようになったり、明るかった人が無愛想になったりするでしょう。ですが、それはうつ病のせいであり、本人に非はないのです。

また、うつ病の人は自殺願望を持ったり、自殺願望など無いのに無意識に電車に飛び込んでしまったりすることがあるので、あまりにも様子がおかしい時には気をつけてあげるなどの配慮は必要になります。

でも、四六時中目を光らせていたら、お互いに疲れてしまいます。普段の様子を観察することは大切ですが、なるべく普通の感じで、付かず離れず接することが大事なのです。

相手から話し掛けてきたら話を聞くだけで十分です。実際、うつ状態の時には話をするのも億劫で大変なのです。

「『がんばれ』は禁句」などとよくいいますが、うつの人に対して何かをしなければと考えることが間違っているのです。無理に声をかけたり励まさない、気分転換をさせようとしない、相手が求めなければ関わらないのが一番望まれていることです。

うつ病の人に迷惑をかけられることもあるかもしれません。でも、本人が一番、自分を責めており、つらい思いをしているのです。できれば、うつ病の人を責めず、励まさず、回復するのを気長に待ってあげてください。

とはいえ、中には誰か(主に恋人)に対する依存心が極端に強くなるケースもあります。そのような場合は、必要に応じて傍にいてあげることも必要ですが、あまりにものめり込むと両方が疲れてしまいますので、ひとりになる時間を極力つくるように努力しましょう。

家族の対応カテゴリの最新記事
2016-01-30 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
Copyright © 👪うつ病の家族としての対応 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート