障害者の認定を受けるためには - 👪うつ病の家族としての対応

障害者の認定を受けるためには

うつ病になると、精神面や肉体的な症状が出る辛さに加えて、仕事をしている方は「仕事ができなくなって生活できない」という悩みも出てきます。



うつ病というのは、表面上はなかなかわかりにくく「病気」として認知されるのも難しいため、あまりにも症状が酷い場合には、障害者の認定を受けた方が良い場合もあります。



一般的な病気としての認識は高まっているようですが、うつ病になると障害者認定は受けられるのでしょうか。



調べてみたら、障害者認定は受けられるようです。



その症状の重さに応じて、1〜3級に分かれていて、級によって優遇される条件も異なっています。



ただし、医師の診断や様々な制約事がありますので、そう簡単には認定されないと思っておいた方が良いでしょう。



もし、重度のうつ病であり、障害者の認定を受けたければ、まずは医師やカウンセラーにきちんと判断してもらう事から始めましょう。



障害者の認定を受けるには、それ相応の症状の場合に限られてきます。



主治医とよく相談し、自分が今どのような状態であるのか、どのような診断書を書いてもらえるのかを教えて貰うこと。



手続き上の事は、病院のケースワーカーや市役所の福祉課などに相談すると、適切なアドバイスが貰えるはずですし、どのような書類が必要かも教えてくれるでしょう。



最近では、うつ病の他にも、心の病気により障害者の認定を受けている方も増えてきているようです。



うつ病も重症化すると、いつ職場に戻れるかもわからない状態になります。



そんな時に障害者として認定されていれば、休職扱いにもしてもらいやすいですし、その他の特別措置も受けやすくなるはずですね。

2013-04-24 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
Copyright © 👪うつ病の家族としての対応 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。